ダポキセチン お酒

ダポキセチン お酒

ダポキセチンとお酒の併用注意

早漏治療薬プリリジーの成分ダポキセチンはアルコールの副作用を強めるため、お酒との併用はNGです。お酒は時間をずらして飲みましょう。

 

早漏薬ダポキセチン

アルコールには心の緊張をほぐし、落ち着かせる効果があるので、緊張や興奮による早漏を緩和する効果があります。

 

しかし、アルコールとダポキセチンを成分にした早漏治療薬を併用すると、アルコールだけを飲んでいるときには出ない、「強い悪酔い状態」になることがあります。

 

症状は、吐き気、動悸、頭痛、大量の発汗などで、ときには失神するケースもあります。

 

その理由は詳しいことは分っていませんが、アルコールもダポキセチンも脳内ホルモンのセロトニンやノルアドレナリンに作用する成分なので、その相乗作用が悪い方面に出るためと考えられています。

 

ダポキセチンはうつ病の治療に使われるSSRI(セロトニン再取込阻害薬)の1種で、脳内のセロトニン量を増やして気分を落ちつかせるとともに、ノルアドレナリンの分泌を抑制して交感神経の興奮をしずめ、早すぎる射精を予防する作用があります。

 

アルコールにもこれと同じ作用があり、セロトニンの量を増やして不安や恐怖の感情をしずめて楽しい気分を醸成します。また心身の緊張をまねくノルアドレナリンの分泌を抑制する作用もあります。

 

2つの成分のこのようなよく似た作用が悪く出てしまうのが、ダポキセチンとアルコールの併用です。セックスにお酒はつきものと考えている人も多いでしょうが、ダポキセチンを服用するときはお酒はNGです。

 

ダポキセチンとお酒の副作用を減らすには?

 

まず第一に早漏改善成分ダポキセチンの効き目、作用時間を知ることが大事です。

 

ダポキセチンは服用後1時間ほどで効いてきます。効き目の長さは3〜4時間と言われますが、ダポキセチンが良く効いている時間帯、いわゆる成分の血中濃度が高い時間帯にはお酒を飲まないことが大切です。

 

服用後1時間から3時間ほどは血中濃度が高いため、その間はお酒は控えましょう。早漏治療薬を服用してお酒を飲んだ全ての男性にお酒の副作用が強く出ると言うわけではないですが、性行為に悪影響が出る可能性がありますのでお酒は一時少な目か飲まないようにします。

 

血中濃度が落ちてからはお酒を飲んでも副作用が強く出ることはありません。

 

早漏防止薬(ダポキセチン薬)はこちらからご確認ください>>


ホーム RSS購読 サイトマップ