早漏解消スプレー ダポキセチン

早漏解消スプレー ダポキセチン

早漏解消スプレーとダポキセチン比較

早漏解消スプレーには部分麻酔に使われるリドカインという成分が配合されています。

 

早漏スプレー

亀頭の感覚を鈍らせるので一定の効果がありますが、性感を損ねる弱点もあり、ダポキセチンほどは推奨されません。

 

早漏スプレーや早漏解消クリームなどは亀頭や陰茎の感覚を鈍らせるので大事な挿入感が抑制されるので、早漏は改善されてもセックスの快感がななくなり、本末転倒です。

 

局所麻酔のエムラクリームとは?

 

リドカインはさまざまな医学分野で使われている部分麻酔薬で安全性の高い成分で、それを使って亀頭の感覚を少し麻痺させて早漏を防止しようというのが、早漏甲斐性スプレーです。

 

局所麻酔エムラクリーム

このリドカイン入りの皮膚麻酔クリームはレーザー脱毛に一般的に用いられます。自宅でもレーザー脱毛できるので、その際の皮膚麻酔として「エムラクリーム」が用いられます。

 

このエムラクリームは局所麻酔以外の目的として男性の早漏解消にも用いられますが、気持ちよさが低下するので早漏解消にはやはりダポキセチンが推奨されます。

 

このエムラクリームや早漏解消スプレーを使用する男性の気持ちには、自分の快感を割引きしてでも彼女を喜ばせたい奉仕精神、あるいは男の面目を保ちたいという見栄があります。

 

それはよいのですが、ペニスの感度を落として早漏を防ぐという発想には、どこか本末転倒の感じがあります。

 

 

早漏防止薬(ダポキセチン薬)はこちらからご確認ください>>

 

早漏はペニスの過敏じゃありません!

 

またこの方法は、早漏の原因はペニスの過敏さにあるという前提に立っていますが、早漏のほんとうの原因は「すぐに快感の高みに登りつめる過敏さ」にあるのではなく、「快感の量を蓄積する貯水槽の狭さ」にあります。

 

本来の射精プロセスには「快感の量が蓄積されることで、やがて水がオーバーフローするように、射精の引き金がひかれる」ことがインプットされています。

 

この何かの要因でプロセスがショートカットされると、かならずしも強い快感ではなく、弱く少量の快感でも射精発動が起きることがあります。

 

つまり、いくらペニスに与える快感をミニマムにしても、射精の引き金が引かれてしまう可能性があるのです。それにあまり亀頭を無感覚にしてしまうと勃起が維持できないことが多くなります。

 

それに比べて、世界で初めて登場した内服薬の早漏改善薬ダポキセチンは、交感神経の興奮を抑えて、プールに快感が充分蓄積される時間を与えてくれます。自分もパートナーも長く、強い快感をえた結果として、クライマックスに達することができるのです。

 

ダポキセチン配合の早漏薬とジェネリック

 

早漏改善薬ジェネリック

世界初の服用タイプの早漏改善薬はプリリジーと言います。泌尿器科やEDクリニックなどでは早漏には必ずこのダポキセチン配合のプリリジーが処方されるのですが、1錠の値段が非常に高いのがデメリットです。

 

そこで非常に役立つのが同じダポキセチンが配合されたジェネリック薬です。成分が同じで早漏改善の効果は相当高く、セックスの感度、挿入感を維持して30分、40分とアクティブにセックスが楽しめます。

 

有名なプリリジージェネリックにはポゼットがあります。このジェネリック早漏薬は2種類あり、ダポキセチン30mgと60mg配合薬があります。

 

非常に早漏解消効果が高いので初めは少量で効果を確かめましょう。セックスで試す前にマスターベーションでダポキセチンの効果を試すのも良いでしょう。

 

早漏防止薬(ダポキセチン薬)はこちらからご確認ください>>


ホーム RSS購読 サイトマップ