早漏解消 コンドーム

早漏解消 コンドーム

早漏解消 コンドーム

早漏解消コンドームは内側に部分麻酔薬のリドカインを配合したジェルが塗られています。

 

早漏改善コンドーム

一定の効果は期待できますが、ダポキセチンのような感度を維持して射精時間を延ばす作用はありません。

 

早漏防止用のコンドームは、早漏防止スプレーと同じ部分麻酔剤のリドカインを配合したジェルが内側にぬられています。

 

内側の麻酔剤で男性の亀頭の感覚を少し麻痺させるとともに、外側にイボイボがついていて女性の性感を高めるという「両面作戦」の製品もあります。

 

コンドームと言えば「着けていないようなつけ心地の極薄」を合言葉に開発された日本製品が世界的にも有名ですが、早漏防止用のコンドームはその逆を行く、すこし感度を下げるための製品です。

 

挿入してから射精までの時間を延長する一定の効果はありますが、早漏は鋭敏すぎる亀頭の感覚が原因ではないので、大きな効果は期待できません。

 

早漏防止薬(ダポキセチン薬)はこちらからご確認ください>>

 

早漏はダポキセチンが効果的

 

現在の医学ではPE(早漏症)の原因は「亀頭」にあるのではなく、「脳」あるいは脳がコントロールする「自律神経」にあることが定説になっています。

 

今世紀に入ってから承認された早漏治療の内服薬のダポキセチンは、脳内物質のセロトニンに作用して早すぎる射精発動を防止する働きがあります。

 

ダポキセチンによる治療は、亀頭の感覚には作用しない、性感を維持したまま早漏を予防するというスジの良い解決法で、医学的にエビデンスが確認されている唯一の早漏治療薬です。

 

1,2分で射精してしまう極度の早漏症の男性でもダポキセチン60mg配合の早漏治療薬を半錠、または1錠服用するとセックスで15分から20分は余裕でピストン運動が行え、快感が高まっても射精をコントロールできたという感想を持たれます。

 

この射精をコントロールできるというのが大事で、セックスでの快感を十分ため込んでから射精したいときに射精ができることで射精時の感度も大幅に高めることができます。

 

早漏男性は早く射精してしまうので射精時の快感も不十分なのです。

 

早漏コンドームよりもダポキセチン薬!

 

早漏改善薬ジェネリック

ダポキセチンの効果の高さはコンドーム無しのセックスで挿入感を十分感じても射精をコントロールできるところになります。厚めのコンドームで早漏を改善しようとしてもセックスの気持ちよさが低下し本末転倒です。

 

その点ダポキセチン配合の早漏薬のポゼットなどでは、膣内の挿入感を十分に味わいながら、

普段なら射精してしまうところをコントロールして激しいピストン運動を維持できる

のです。

 

挿入感を味わって長時間のセックスが行え、溜めこんだ快感を射精時に一気に爆発させることで最高の射精感を味わえるのです。

 

早漏防止薬(ダポキセチン薬)はこちらからご確認ください>>


ホーム RSS購読 サイトマップ