早漏 ムヒ

早漏防止にムヒは効きません

早漏防止にムヒは効きません!

ムヒは早漏に効果なし

ムヒが早漏に効くというような都市伝説をもし耳にしてもムシしてください。

 

ムヒはムシ刺されのかゆみ止めのお薬で、早漏防止効果は期待できません。

 

医学的に早漏を防止する唯一のお薬の成分がダポキセチンで、SSRIと呼ばれるタイプのお薬の一種です。

 

ダポキセチンは亀頭の敏感性を抑えるのではなく、早漏の主要な原因である快感を溜める脳内のプールを広くすることでセックスやマスターベーション時の快感を感じながらも射精を先延ばしします。

 

早漏防止にポゼット

男性クリニックや泌尿器科でもプリリジーと呼ばれるダポキセチン配合の早漏防止薬が処方されます。

 

しかしプリリジーは1錠3千円と非常に値段が高いため、ポゼットと呼ばれるジェネリック早漏防止薬が人気となっています。

 

早漏防止薬(ダポキセチン薬)はこちらからご確認ください>>

 

 

言うまでもないかもしれませんが、ムヒは早漏には効きません。というか、たんなる都市伝説にしても、そもそもムヒが早漏に効くなどという噂があるのでしょうか。

 

と、思ってネットで検索してみると、たしかにありました。それもかなりユニークな、笑えるネタです。

 

それは「YAHOO!知恵袋」に載っていた「知恵」なのですが、亀頭にムヒを塗って掃除機のホースの先をペニスにあてがってスイッチオンするというオナニー法です。

 

投稿者によるとこの方法は「裏のオナニー界ではムヒ掃除機オナニーは真性包茎、仮性包茎、インポテンツ、早漏に効くと評判は最高です」という優れものです。

 

「裏のオナニー界」というのがあるのは初耳ですが、この方法も斬新で効果の多様さは驚くばかりです。正直、ちょっと試してみたいという気になりました。しかし、やはりよい子は真似しないほうが良いようです。

 

「ムヒ」のメーカーの池田模範堂もこのようなお門違いのほめ殺しはさぞ迷惑でしょう。

 

虫刺されのかゆみ止めのお薬であるムヒシリーズの主成分はジフェンヒドラミンという抗ヒスタミン剤です。

 

この成分が虫刺されやじんましんのかゆみや炎症を抑えます。この他に塗るとスースーした感じがするメンソールなどが配合されています。

 

ムヒには早漏防止スプレーなどに配合されているリドカインなどの皮膚麻酔剤は配合されていません。

 

夏が終わって刺されると痒い虫がいなくなってムヒが余っているからといって、とっぴな応用法などを考案しないようにしたいものです。

 

早漏防止薬(ダポキセチン薬)はこちらからご確認ください>>


ホーム RSS購読 サイトマップ