早漏治療薬 服用

早漏治療薬 服用タイミング

早漏治療薬の服用タイミング

通販の早漏療薬の効果的な服用タイミングを解説!失敗しない早漏薬の使用法と副作用を軽減する注意点。

 

早漏薬プリリジー早漏治療薬のプリリジーやポゼットに配合されている有効成分は、SSRI(選択的セロトニン再取り込阻害薬)の1種のダポキセチンです。SSRIは脳内物質のセロトニンを増やして気分を安定させる作用があり、主にうつ病の治療に使われています。

 

ダポキセチンも最初はうつ病の治療用に開発されましたが、SSRIのなかでもとくに射精までの時間を延長させる作用が強いことが分り、早漏治療薬として再開発されました。

 

ダポキセチンのもう1つの特徴は、もっとも短時間作動型のSSRIだということです。服用後1時間くらいで成分の血中濃度が最高値に達し、その後速やかに分解されます。これはうつ病の治療にとっては好都合な特徴とは言えませんが、早漏対策にはメリットがあります。

 

それは、セックスの1時間くらい前に飲めば効果があることと、副作用がすくないことです。注意事項としては、ダポキセチンはお酒といっしょに飲むと悪酔いすることがあるので、併用できないことです。アルコールにもある程度早漏抑制効果がありますが、ダポキセチンを飲むときは控えてください。

 

もちろんダポキセチンの効果は4,5時間ですのでそれ以降はお酒を飲んでも問題ないですし、ダポキセチンの血中濃度が下がってからは作用が続いていても副作用は軽減されます。

 

ダポキセチンの副作用には、めまい、胃の不快感、頭痛などがあります。ごくまれな重い副作用としては、蕁麻疹、動悸、呼吸時の喘鳴(ゼーゼーいう音)などがあります。このような症状が出たら服用を中止して医師に相談する必要があります。

 

プリリジーは日本では承認されていませんが、2012年に厚生労働省が輸入を許可したので、一部のED外来では扱いを始めたところもあります。しかし一般的には個人輸入の代行業者から通販で購入することになります。プリリジーには低価格のインド製ジェネリックのポゼットがあります。

 

早漏防止薬(ダポキセチン薬)はこちらからご確認ください>>

 

早漏とED(中折れ、勃起力低下)を同時に解消するお薬

 

同じくインド製のジェネリックで、ED治療薬のバイアグラ、シアリス、レビトラの成分とポゼットを1錠に配合した、「硬く勃起させて、長持ちさせる」薬が多種類製造されていて、これも個人輸入で入手できます。

 

有名な商品に、スーパーPフォース(バイアグラ成分+ダポキセチン)、スーパージェビトラ(レビトラ成分+ダポキセチン)、タダポックス(シアリス成分+ダポキセチン)がありますが、いずれも服用後1時間ほどしてから服用します。

 

特にスーパージェビトラの服用法は注意が必要です。スーパージェビトラはレビトラ成分と早漏改善ダポキセチンが配合されていますが、レビトラ成分は15〜30分で効きはじめ、ダポキセチンは1時間ほどかかります。

 

※30分あたりでセックスをしてしまうと、早漏改善のダポキセチンが効いておらず、勃起の硬さはあっても早漏症は改善されていない状態ですので、1時間以上してからセックスをしましょう。


早漏防止薬(ダポキセチン薬)はこちらからご確認ください>>

 


ホーム RSS購読 サイトマップ