早漏治療薬 メーカー

早漏治療薬 メーカー

早漏治療薬の製薬メーカーを知ろう!

通販の早漏治療薬の製造メーカーはジェネリック大国インドの大手製薬メーカーで、安全性、効果ともに先発薬と同等です。

 

バイアグラが初の病院であつかう勃起不全の薬だったように、ダポキセチンを成分とする早漏治療薬プリリジーは、「初の病院であつかう早漏の薬」でした。世界各国で承認されてからまだ10年ほどしかたっていない新しい薬です。

 

早漏薬プリリジー日本では未承認ですが、2012年に厚生労働省が輸入を許可しました。

 

プリリジーのメーカーはジョンソン・エンド・ジョンソンの製薬部門で、ベルギーに本社があるヤンセン製薬です。日本人も個人輸入の代理店を通して購入することができますが、1錠が2000円ほどする高価な薬です。

 

EDクリニックや泌尿器科で早漏の診断をすると必ずダポキセチン配合のプリリジーが推奨されますが、1錠あたり2000円という高い薬価のため、経済的な負担が高すぎます。

 

 

早漏防止薬(ダポキセチン薬)はこちらからご確認ください>>

 

 

それに比べると非常に低価格なのが、そのジェネリック医薬品の「ポゼット」で、1錠200円以下で購入することができます。メーカーはインドの大手製薬会社のサンライズ社で、数多くのジェネリック医薬品を手がけて、世界に供給している会社です。

 

どうしてそんなに差があるのか不思議に思う人がいるでしょうが、その大きな理由はインドにはつい最近まで、日本や欧米とは異なる薬の成分特許に関する法律があったことです。

 

インドはその法律にもとづいて安価なジェネリック医薬品を製造して、国内や世界の開発途上国などに供給してきました。

 

インドが「世界の薬工場」と言われるのはこのためで、「国境なき医師団」などの国際医療ボランティアは、インド製の低価格で品質の良い医薬品がないと活動が成り立たないと言われています。

 

インド製の早漏治療薬にはポゼットの他に、ED治療薬の成分とダポキセチンを1錠に配合した薬が多種類製造されています。

 

どうして早漏治療の成分にED治療の成分を配合したお薬が開発されたかと言うと、早漏とEDは同時に起きやすいからです。

 

カチカチの勃起ができる時は射精感がすぐに訪れず、勃起力が低い場合は挿入できても少ない感度で射精感を覚えます。よって、硬さ不足は持続時間を短くするのです。

 

大きく分けると、@バイアグラの成分のシルデナフィルとダポキセチンAレビトラの成分のバルデナフィルとダポキセチンBシアリスの成分のタダラフィルとダポキセチン、の3種類です。

 

ダポキセチン単体よりも「硬く勃起して長持ちする」このタイプの薬により人気があります。スーパーPフォース、タダポックス、スーパージェビトラが該当しますが、全て個人輸入ストアから通販でき、コストパフォーマンスに長ける優れたお薬です。

 

 

早漏防止薬(ダポキセチン薬)はこちらからご確認ください>>


ホーム RSS購読 サイトマップ